Top Messageトップメッセージ

サーキュラーエコノミーを
体現すること

Takashi Fukuda

今、世界は廃プラスチック問題に代表されるように、資源循環が行き詰まりをしかかっており、いかに有効利用出来るかに地球の未来がかかっていると思わざるを得ません。循環型社会の危機を迎えていると強く感じています。この現実と真摯に相対し、それぞれの立場で循環ビジネスを発展させることが、令和の時代の重要課題であり、その活動を世界へ発信してゆかなければなりません。

東港金属グループでは、グループ各社のビジネスは全て循環型社会、サーキュラーエコノミーに貢献することを目指しています。
製品類が使用済みとなり廃棄されたものを無駄なく循環させるためのあらゆるループを実現する企業グループで構成されています。

サーキュラーエコノミーを体現することが当グループのミッションです。静脈・動脈産業の垣根を越えて大きな役割を果たすべく、従来のリサイクル事業のみならず、リユース、リメイク、部品取り、リビルド、リマニファクチャリング、リペアなどあらゆるループを推進します。

サーキュラーエコノミーを体現するためには、物流・加工選別能力・スキルなどの現場力とIT、リサイクル技術などのテクノロジーの両方が必要になります。これらをグループ各社が役割を果たし実現していきたいと強く思っています。

当グループは大胆かつ適正な取り組みを行ってまいります。
サーキュラーエコノミーを皆さまと共に構築したく、どうぞよろしくお願い致します。

グループ経営理念

  1. テクノロジーにより、便利なエコシステムを創造し、循環型社会(サーキュラーエコノミー)の発展に貢献する。
  2. テクノロジーにより、静脈産業をアップデートして楽しく、面白い産業に変える。
  3. 高度なリサイクルシステムを構築し、捨てるものをなくす。
  4. トライシクルを世界最高のサーキュラーエコノミー系IT企業にする。
  5. 社会から感謝されるリサイクルサービスを提供する。